資源展開

企業が存続し、気魚ぷ活動を続けるには経営資源が必要です。経営資源は物的経営資源とソフトな無形経営資源に分類することができます。企業の意思決定や日常業務の執行は「ヒト」によって行われます。また。生産設備、店舗、原材料のような「モノ」が経営には必要です。そして、これら「ヒト」や「モノ」を調達するには「カネ」が必要です。これら「ヒト」「モノ」「カネ」を物的経営資源といいます。最近はこれに加えて、「情報」やノウハウ、ブランドといったソフトな経営資源の重要性が高まってきています。

大きな経営成果を生むためには、優れた経営資源が必要です。そのために企業は経営資源を外部から調達したり、組織の中に育成したりして確保します。確保した経営資源を組織内に蓄積して、これらを「独自能力」と呼べるまでにそのレベルを高めようと努力します。

経営資源は、組織内に蓄積するだけでは何にもなりません。企業活動に適切に活用して初めてその価値が生まれます。その価値は、経営資源の適切は配分によって作り出されます。この経営資源の適切な確保と配分に係る意思決定を

「資源展開」と呼びます。資源展開は、経営資源を構成する重要な要素です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です