組織変革

組織変革視点

 

事業の変革を実施するための将来の方向性が明確に決まったら、以下の視点で、組織を変革することに取り組む事が重要です。

 

1)将来の方向性に対して、現在の自社の強み、弱みを分析します。

当然、この強み、弱みを判断する軸は、「将来の方向性を実現するための強み、弱み」となります。

2)分析の結果、「弱み」として挙げた項目・事象に関しては、将来の方向性を実現する上での障害となりますから、これを強化する方法を考えてこの「弱み」を「強み」に変える努力をします。

3)そして、強み、弱みを分析し、強化した組織を将来の方向性に対応させるため、組織構成を将来の方向性に合わせて再構築します。つまり、組織全体を新たな方向性に適合させることです。

 

そのために、もう一度、企業理念を再確認して、新たな組織に浸透させ、そのミッション、ビジョンを思考、行動に反映させます。その後で、その企業理念を軸に。後継者教育、後継幹部教育を実施し、組織対応力を強化します。

 

当然のこととして、企業経営の軸は「キャッシュフロー経営」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です