クロスSWOT分析

書き出した自社の内部環境である「強み」「弱み」および自社を取り巻く外部環境の「機会」「脅威」の4つを整理し、組み合わせて、「自社が将来、どのような方向へ進むかについて、明確なビジョンを策定し、長期的に発展するため、以下の通り4種類の最適な戦略を構築することができます。

1)積極的攻勢戦略(強みx機会)
自社の強みを生かして、積極果敢にビジネスチャンスに取り組んでゆく。どのような事業機会を取り込んで事業を拡大できるか。

2)段階的施策戦略(弱みx機会)
自社の弱みのために、機会をつかみ損ねないだろうか。それを防ぐためにはどのようにすればよいか。どのように事業を改善して弱みを克服し、機会を取り込んでゆくか。

3)差別化戦略(強みx脅威)
自社の強みによって、脅威を回避できるか。自社の強みによって脅威を回避できるか。
自社の強みでそれを差別化要因にできないか。

4)専守防衛・撤退戦略(弱みx脅威)
自社の弱みに対してその脅威はどの程度の影響を与えるか。それを防ぐためにどうするか撤退も視野に入れて検討する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です